にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ

腹腔鏡手術で子宮全摘後の経過

またまた卵巣痛ありつつーの、精神的回復の自覚など

投稿日:

Herbst

 

先日、試験官の仕事(某資格試験)があり行って来ました。

この仕事は一日中ほぼ立ちっぱなし&精神的緊張感が半端なく、
いつも帰る頃には体力も気力も尽き果ててしまいます。

 

今回はその疲れに加え、帰りのバスの中で猛烈に左の卵巣が痛み出しまして。

痛さのあまり、帰宅するなり夕食もとれずにベッド にうずくまってしまいました。

 

1時間程で痛みは軽くなったので良かったのですが、
私はやはり無理をすると卵巣が痛むようです。

 

これってどうなんだろう‥。

 

卵巣が痛むのは、体に大きく負担をかけた時くらいで日常は問題ないので
病院へ行くべきなのか悩む。(というか行きたくない)

でも今回はかなり痛かったなぁ‥。

もう少し様子をみてみる事にします。

 

 

話は変わって(笑)、以前も記事に書いた事ですが
子宮全摘手術直後、赤ちゃんや子供を見るのが精神的に
辛くて辛くて仕方ない時期がありました。

 

術後半年もすると精神的にも落ち着いたのか、そういう気持ちも薄らいで
何とも思わなくなったのですが。

 

 

そんな中、2歳くらいから小学生低学年までの男の子達が
大人のお相撲さん相手に相撲をとるイベントを観戦する機会がありまして、
そんなの観たらまた辛くなるんじゃないかと、
自分自身どんな感情が湧くのか正直怖かったのです。
で、いざ観戦してみてどうだったかというと‥。

 

 

すっごく可愛かった(笑)

 

 

可愛いくて微笑ましくてたまりませんでした。

赤ちゃんも何人かいたのですが、これまた皆可愛かった。

 

あー、私戻ったよー!

どうやら本格的に気持ちも回復したみたいです。

 

人間の体と気持ちの関係性は不思議。

体の傷が癒えると共に心も回復するのかな。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【関連記事】


-腹腔鏡手術で子宮全摘後の経過
-

Copyright© 【子宮筋腫】腹腔鏡手術で子宮全摘しました , 2020 All Rights Reserved.