にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ

保険等の手続き

高額療養費限度額適用認定証と共済金請求の手続き

投稿日:2015年11月23日 更新日:

e5ff2ab251e1c8786ecf136940c6b9e9_s

 

タイトルが漢字の羅列になっちゃいましたが(笑)

限度額適用認定証と共済金請求の手続きをしました。

 

高額療養費限度額適用認定証とは、

 

加入している健康保険の保険者に申請を行い、認定を受けられると高額療養費の自己負担金が限度額までとなり、会計窓口でのご負担が軽減されます。
(入院案内より)

 

という、庶民には大変有難い給付金制度です。

簡単に説明すると、自己負担額が軽減されるという事。
ただし、世帯収入によって自己負担限度額は異なります。

 

申請は区役所に行って、5分程度で終了。
あっけないほど簡単に済みました。

この認定証を入院時に病院に提出すればOKです。

 

あとは共済金の請求手続きを。
共済金は20代の頃から加入しています。

20代の頃は自分が病気になるなんて思ってなかったので
保険に入るなんて全く考えていなかったのですが、
家族に入っとけと強くすすめられて渋々加入しました。
(月々4,000円弱の掛け捨て)

 

これは今となれば加入しておいて良かったです。
5年前の入院・手術の時も共済金で全額まかなえたし、
今回も多分大丈夫じゃないかな?

この辺、適当な性格なのでスミマセン^^;

 

病気に備えて毎月貯金できる性格だったら良いのですが、
私は残念ながらそうじゃなく。

入院手術で20万以上はかかるので、
それが共済金でまかなえるのは嬉しいです。

 

20万以上というのは、高額療養費認定申請前の金額、
私が入院する病院の場合です。
(病院によって金額は変わると思います)

1週間程度の入院を想定した金額なので、
入院が長引くともっと高くなります。
(食費・雑費・個室料金等は別途追加)

 

入院手術以外にも、ホルモン注射やその他診察代で
別途10万近くはかかってますから、
通院治療費と入院手術費全て合わせると
軽く30万は超えちゃいますね。

病気するとお金がかかる...(*_*)

健康が一番だと、病気になって改めて身に染みます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【関連記事】


-保険等の手続き
-,

Copyright© 【子宮筋腫】腹腔鏡手術で子宮全摘しました , 2020 All Rights Reserved.