にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ

術前検査・受診

麻酔科受診しました

投稿日:

f19c94dd7b70108b3b928b1ccd0b3e48_s

 

手術をするN病院に、麻酔科の説明を受けて来ました。

 

5年前にもこのN病院で子宮腺筋症の手術をしているので、
その時の事も色々質問されました。

 

5年前の手術も結論から言うと腹腔鏡手術だったのですが、
もしかしたら開腹になるかもしれないという事で
全身麻酔と硬膜外麻酔の処置をされました。

 

この硬膜外麻酔が私にとって結構やっかいだったんですよね。

 

当時は何も分からなかったのですが、今思うと
術後の激しい吐き気と足のしびれ・錯乱しそうな苦しさは
硬膜外麻酔の副作用だったみたいです。

 

この副作用がほんっとーにキツかったので、
手術をしたくなかったんですよ~。
(副作用には個人差があると思います)

 

でも今回は開腹になる予定はないとの事で、
全身麻酔と伝達麻酔の処置になるようです。

伝達麻酔とは、手術する局部だけの狭い範囲に効く麻酔らしい。
(麻酔医の説明でそう認識しました)

 

それと、副作用の吐き気が怖い事を伝えると
『吐き気止め多めに入れておきますね。』
とおっしゃって下さいました。

親切な麻酔医の先生で良かった(>_<)

 

前回の手術時の麻酔医は今から思えば不親切だったな~。
術後の麻酔医面談の時に足のしびれを伝えても
「あ、そうですか」みたいな返事で
なんにも説明してくれなかったもの。

 

足のしびれと吐き気が硬膜外麻酔の副作用の1つである事も
今回の麻酔医の先生が教えてくれて初めて分かったくらいです。

麻酔の説明後は婦人科で担当医の先生から
絶対風邪ひかないようにね!と念を押されました。

風邪ひいたら手術延期になっちゃうから
引かないように気をつけないと。

 

また来週MRIを撮りに病院に行かないといけません。
今月は毎週病院に行ってる感じだな。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【関連記事】


-術前検査・受診

Copyright© 【子宮筋腫】腹腔鏡手術で子宮全摘しました , 2020 All Rights Reserved.