にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ

子宮筋腫 リュープリン(ホルモン注射)

やはり子宮全摘&リュープリン1回目

投稿日:2015年7月21日 更新日:

f216513f5947e8809376c0a03037375e_s

 

かかりつけのお医者様に書いて頂いた紹介状を持って、
手術予定の病院に行って来ました。

この病院は5年前にも子宮腺筋症の腹腔鏡手術を
して頂いた病院です。

 

5年前には、またこの病院の婦人科で手術する事になろうとは
思ってなかったな~(>.<)

 

受付の手続きを済ませ、待合室で30~40分待った位で
診察室へ呼ばれました。

予約はしていましたが、も~っと待たされるかと
思っていたので意外に早かった。

 

以前手術をして頂いた先生はもういらっしゃらないようでしたので、
今回は別の先生に担当して頂く事になります。

初めましての先生と質疑応答の後、内診に。

 

超音波で診て頂いたところ、子宮筋腫がものすごく
大きくなってると言われました。

何だか骨盤いっぱいに大きくなってるようだと。

 

先生的には、
『年齢的な事を考えても子宮全摘をおすすめします。』
との事でした。

 

やはり。

 

万が一、筋腫だけ取って子宮を残したとしても
生理が再開すればまた筋腫ができる可能性が高い。
そうして筋腫が大きく育ってしまった場合、
また手術をしなければいけない可能性が出てきます。

そのリスクを回避する為にも子宮全摘が望ましいのでしょう。

 

子宮全摘するかどうかの打診は、
年齢的なものが大きいと思います。

私はもう45歳なので妊娠は希望していませんし
子宮全摘の事は覚悟済みでしたので、
宜しくお願いしますという事で話はトントンと
決まりました。

 

しかしながら、妊娠の希望があるなしに関わらず、
子宮全摘に対してかなり葛藤がありますよね。

 

私は先日、実際に子宮全摘手術をされた方の
お話を伺ってかなり気持ちが楽になったのは大きかったです。
[https://kinsyu.info/2015/06/28/post-34/]

 

その方があまりにも明るくて笑顔でしたので、
私も子宮全摘手術をしても
数年後こんな風に笑顔でいれればいいなと
希望が湧いたのです。




 

話は診察に戻りますが、とりあえず
術後の体へのダメージを考えると
手術まで半年くらいかけて筋腫を
ホルモン注射で小さくした方が良いとのこと。

筋腫を小さくする事で手術時の出血を少なくし、
傷を最小限に抑えるため術後の体力の回復が早く
なるのだそうです。

 

このホルモン注射は一般的にリュープリン注射が
メジャーなようです。(他にもありますが)

 

やはり来たか~、リュープリン注射…。
この注射だけは出来れば避けたかったんですけど、
やはり避けれないみたいです。

なぜ避けたかったかと言うと、
副作用が怖くて怖くて(*_*;

 

知り合いが以前リュープリン注射の治療をした時、
たった一度の注射で副作用が強く出て、
鬱になっちゃったんですって。

めちゃくちゃ明るい人なのに、その時は毎日
自殺サイトを見てたっていう話を聞いた事があって...。

 

鬱、怖い…。

 

で、その方は、これは無理だという事で、
一回でリュープリン注射を断念したそうなんです。
やめたら鬱状態は一気に改善したんだとか。

それを聞いていたので不安でね~…。

 

その方は20代前半の頃にリュープリン注射を体験されたそうなので、
もしかしたら通常よりキツく副作用が出たのかもしれませんが。
(若い方が副作用が強く出ると言う話も聞いた事があります。)

 

それはともかく、先生に副作用が不安だという事を
をそれとなく伝えました。

いい歳して何怖がってんだって話ですが、
怖いもんは怖い。
誰だって鬱になるのは嫌です。

 

先生いわく、
大抵ホットフラッシュや肩凝り程度の副作用だから
そんなに心配しなくても大丈夫!
まぁ、個人差はありますけどね。
って。

 

そうかぁ。
ホットフラッシュや肩凝り程度だったら
耐えれれると思うけど…。

まぁ、やってみないとわからないし
やらなくちゃいけないんだったら仕方ないし…。

 

『やります。』

 

と伝えると、なんとその日の内に注射出来ると!

 

リュープリン注射の事は色々調べていて、
前知識で生理中に打つものだと思っていたので
生理中じゃなくても打てる事に驚きました。

 

なんでも、年齢的に妊娠の可能性がある場合は
生理中に打つそうなんですが、 (生理中だったら妊娠の可能性はないので)
妊娠の予定も可能性もない場合は
生理中じゃなくても大丈夫らしいです。

私は子宮全摘するので生理関係なし。

 

じゃあ、打って帰ります。 という事で、
今後のリュープリン注射のスケジュールに合わせて
その後の診察日も全て決めて、
手術日までも初診で決定してしまいました。

 

手術は12月に決定。
その頃までに無事に筋腫が小さくなっていれば、
腹腔鏡手術で子宮全摘です。

 

さて、初めてのリュープリン注射ですが、
めちゃくちゃ痛いのかと身構えていたのに
あっと言う間に終わって拍子抜け。

血液検査の注射の方がよっぽど痛いです。
看護師さんがお上手だったのかな?

 

それはともかく、ここから副作用がどう出るのか。
出ない事を祈るばかりですが!

 

次回は4週間後にMRIとリュープリン二回目を
打ちに行く予定です。

本日の診療費は、診察料・超音波検査・リュープリン注射で
約13000円でした。

 

リュープリン、高いよねぇ(´・ω・`)



スポンサーリンク
スポンサーリンク

【関連記事】


-子宮筋腫, リュープリン(ホルモン注射)
-,

Copyright© 【子宮筋腫】腹腔鏡手術で子宮全摘しました , 2020 All Rights Reserved.